よくある節約のやり方。

よくある節約のやり方。

使えるものを修理して節約する。
ダメになったものを捨てて新しいものを購入するとなると、当然お金が必要になります。しかし使えなくなったと思っても少し手を加えるだけで修理できるものがたくさんあります。自分はそのようなものをなるべく修理して使うようにしています。

cstr012-s-jpg

たとえば靴底が取れてしまった靴です。最近では強力な接着剤や、靴専用のものがかなり安く販売されています。そのようなものを購入し、壊れてしまった靴を修理して履いています。また革製品などは擦れてしまうと傷がついたり、色がはげてしまったりして見栄えが悪くなってしまいます。そのようなものに効果的なのが靴クリームです。

100円ショップなどで販売されているスティック上のものを自分は使っていますが、ベルトなどの革製品の色がはげてしまった部分にそれを塗りこみます。そうすることでまるで何事もなかったかのように仕上げることができます。このようにして簡単に修理できるものは修理して使うようにし、新しいものを購入するためのコストを節約しています。

節約のための生活費削減する。
節約のために無駄な出費を抑えていても、生活をする上ではお金はどうしても必要になるので、無駄な出費が抑えられるようになったら今度は生活費を削減します。食費ですが、節約をしたいならば絶対に外食をしない事です。

よく外に外出をする人ならば外食をしてしまいがちですが、お弁当を持っていくか家に帰るまで食事を我慢しましょう。なるべく自炊を心がけますが、この際に光熱費や時間が掛からない料理を選び、更に食材も安く済む物にするべきです。自炊をしても、シェフ並みの料理を作ろうとすれば外食以上にお金が掛かってしまいます。

お風呂に入る際も、特に必要が無ければシャワーで済ますと節約になります。シャワーを思う存分に利用すると、湯船に水を張った際の水と同じくらいの値段が掛かってしまうのではと思う人もいそうですが、私が空の湯船に栓をして、その湯船の中にてシャワーを思う存分使って身体を洗ったところ、湯船には足のくるぶしまでの水すら溜まりませんでした。

家にこもって夜型生活で節約する
節約方法といえばまず電気です。使っていない電化製品のプラグはコンセントから抜いておきます。微々たるものではありますが塵も積もれば山となるです。洗濯は毎日しないでまとめてやります。これは水道料金の節約にもなります。

夜型なので電力会社のナイトプランにして夜に洗濯機を使います。掃除機はあまり夜はお奨めできませんが洗濯位なら真夜中などの非常識な時間帯を除けば大丈夫です。今のところ近隣住民から苦情を言われた事はありません。掃除機も週一かける位で 普段はフローリングワイパーやコロコロで埃をとったりで十分だと思います。

csso010-s

食事の面ではやはり外食を少な目にする事でしょうか。なるべく自炊をする事です。自炊も面倒臭い時がありますがスーパーの閉店間際やタイムセールを狙って惣菜などは半額位で買う事です。正規の値段で買うのが馬鹿馬鹿しくなります。給料日前などでお金を極力使いたくない時は出かけないに限ります。とにかく外出するとお金を使うものです。家にある食材をかき集めて食事は何とかなるものです。これを楽しめるようになればしめたものです。

再利用で節約する
使えなくなったと思ったものでも、それを他の用途で使うことができるものはたくさんあります。我が家では出がらしのお茶葉や一度使ったコーヒー豆をある用途のために使っています。それは脱臭です。この2つには脱臭効果があります。

それで臭いが気になる場所へこれらを置くようにしています。使い方ですが、まず濡れているお茶葉やコーヒー豆を乾かします。そしてそれらを目の細かいネットに入れます。そしてネットに包まれたお茶葉やコーヒー豆を臭いの気になる場所に置くのです。我が家では主にシューズボックスにこれらを置くようにしています。このようにすることで、脱臭剤を購入する費用を節約することができるのです。

そしてこの2つに脱臭効果が無くなると、今度はこれらを庭に植えてある野菜の根元部分の土に埋めるようにしています。そうすることでこれらが肥料となり、野菜の生長を促すからです。このように使用することで肥料を購入する費用も節約できています。

コスパの良いマンションは?
節約は必要だけど住居だけはある程度格式高い高級賃貸シリーズに住みたいという人はパークハビオシリーズをおすすめします。パークハビオは他のブランドシリーズに引けを取らないハイレベルな設備を備えていますが、家賃水準はそれほど高くないのでコスパにこだわりたい人にはお勧めです。

大阪でこだわりの一軒家を建てるには?
節約をしている家庭は多いですが、大体が一軒建ての住宅のためか、もしくは教育費によるものでしょう。大阪で注文住宅を建てるには大体4000~5000万円くらい違います。建て売りと1000万円くらい違うのが相場なのですが、最終的にかなり満足度の高いものが出来上がりますので、男の夢ですね。

東京でこだわりの一軒家を建てるには?
東京の注文住宅は正直節約でどうにか手が届くものではないのですが、それでも郊外にいけば数千万円単位で手に入れることが出来ます。東京で注文住宅を建てるには特に土地の値段がネックになってきますが、これこそまさに・・・・男の夢ですね。

2014年1月5日